珈琲記

敬愛するコーヒー研究家、井上誠氏の著書より題を借り、私もここに、私が愛したコーヒーを記そうと思う。

2017-11-15から1日間の記事一覧

Chapter18. 深煎りの魅力をもとめて

※ちょっと本題までが長いですが、この記事は珈琲豆屋さんの紹介記事です。 ※ダラダラと長文・支離滅裂で申し訳ありませんが、以下同文。 ■嗜好性としての珈琲 私が敬愛する昭和の珈琲学者、井上誠氏は自著「珈琲の書(柴田書店)」の「はじめの言葉」にて、次…