珈琲記

敬愛するコーヒー研究家、井上誠氏の著書より題を借り、私もここに、私が愛したコーヒーを記そうと思う。

Chapter.8 - 2014~ゆくとし、くるとし

このブログの本来の目的に即して、僕の変化の一年であった本年を珈琲とともに振り返ってみることとする。

 

北海道で勤めていた某喫茶店で、日に百何十杯という珈琲を落とし続け、珈琲の何たるかを考え、そして私は、それが暫くの間続くものだと思っていた。

f:id:oujiro_coffee:20140324073456j:plainPic.1 - Meissen Dragon(Yellow)

f:id:oujiro_coffee:20141231105153j:plainPic.2 - RCP - Brown Rose

(上2枚の画像はどちらも私がいた店のものであるが、もしかすると簡単に特定をされてしまうかもしれない)

 

また、私の居場所とも呼べる喫茶店があって、そこは私の隠れ家であり、憩いの場であった。疲れきったり、ひどくつらいことがあったりすると、私は決まってそこで珈琲を飲んだ。

f:id:oujiro_coffee:20140116134038j:plainPic.3 - Augarten Maria Theresia

f:id:oujiro_coffee:20130722170433j:plainPic.4 - 今右衛門 蘭絵紅茶椀

(深煎り一等派のこの店は、まさに僕好み。その一本筋の通った珈琲への真摯な働きかけで作られた珈琲は、クオリティももちろんのこと、それ以上の上質な”何か”によって彩られている。柿右衛門や今右衛門のカップで珈琲を出す店なんて、北海道でここくらいだろう。[Chapter.7参照])

 

しかし一つの転機が、突然に訪れた。

9月末、僕は東京の地を踏んだ。

とある事情がきっかけで、こちらに来ざるを得ない状況となってしまったためである。

もちろん悲観ばかりもしていられないし、メリットはあった。

東京の珈琲は軒並みレベルが高い――そう聞いていた私は、せっかくの機会だし珈琲を飲み歩くことを趣味にでもしつつ、働こうかと考えた。

 

f:id:oujiro_coffee:20141104105629j:plainPic.5 - Richard Ginori Museo Classico

(東京の新店舗にて)

 

だが現実はそうもうまく行かない。

それに加えて、同じ店で再度雇ってもらったのだが、以前ともちろん働く環境も、人間関係も違ううえ、仕事の内容までいちからやり直し――と、相当に私には堪える事態に陥った。

正直な話をしてしまうと、相当にストレスがたまっていたし、今でも結構ストレスになっているところはある。

 

そういった部分があって、たまに北海道に戻りたくなるときもあるのであった。もちろん北海道にいたころ、カウンターで珈琲を落としていたその店で、しかしやり残したことも沢山あったからというのも理由の一つとして挙げられる。

 

東京に来て、悪いことばかりではなかった。

様々な人と出会い、見聞き、もちろんとんでもない地雷を引き当てて、よほど知能レベルの低い相手に辟易したこともあったけれど、それでも多くの人と、それも性別や職業といった枠にとらわれず、会って、話して、遊んだりもした。

その中で私をきっかけにして、珈琲に興味を持ち始めてくれた人たちがいて、あるいは珈琲という飲み物を再認識し、より深みを目指そうという人たちがいて、彼ら彼女らと珈琲とを結ぶきっかけとなれたとすれば、私としては僥倖でもあった。

 

f:id:oujiro_coffee:20141231111914j:plain

Pic.6 - 珈琲を自分の趣味にしたいという某氏が一歩を踏み出した瞬間

f:id:oujiro_coffee:20141231112318j:plain f:id:oujiro_coffee:20141231112257j:plain

Pic7,8 - 7月末の旅行にて、Twitterで私を知る人達との「喫茶店」でのオフ会があったりもした

 

他にも、こちらに来てから私がほしかったカップの在庫がごろごろと出てきたり、

f:id:oujiro_coffee:20141231112517p:plain f:id:oujiro_coffee:20141104141031j:plain f:id:oujiro_coffee:20141231112651j:plain

Pic9,10,11 - Wedgwood Dynasty[Chapter.5参照],Amesyst,Whitehall Powderblue

 

名所行ってみたりと(珈琲関係なし)、

f:id:oujiro_coffee:20141018163629j:plain f:id:oujiro_coffee:20141026102435j:plain

Pic12,13 - 浅草浅草寺,靖国神社

 

何だかんだで楽しんでいるので、来年も多分何とか楽しくやっていけるだろうと思いつつ、そうなるよう願っている次第である。

 

くるとし2015年、さて来年はどんな1年にしようか。

 

桜次郎(@oujiro_coffee) 2014.12.31